ミニ盆栽に最適な盆栽の肥料 グリーンキング


greenking

ミニ盆栽に肥料を置きたいけど、鉢が小さくて盆栽でよく使われる油粕の玉肥(大)では大きすぎてしまいます。
肥料容器「プチドーム」に玉肥を入れて植木鉢に挿してみても、アンバランス。

ミニ盆栽に合った肥料ないか。

もともと元肥(植え付けの際に与える肥料)をきちんと与えていないので、これからの実や花を付けるのに追肥が重要になります。
肥料の費用をケチって安い元肥や土を購入した際、ひどい目にあったことがあります。

盆栽ではなかったのですが、観葉植物の土が疲弊してきたため、土を変え植え替えました。
観葉植物は室内で楽しみますから、リビングに置いていたところコバエが気になるようになりました。
観葉植物の土から、どんどん孵化していたのです!きゃーっ
根元にコバエがホイホイを置くと、ぞっとする量がキャッチできた光景を今でも忘れられません。

ミニ盆栽はあまり室内に置かないようにしていますが、油粕の玉肥にはナメクジを呼ぶそうです。
ナメクジなら全然大丈夫なのですが。

とある盆栽屋さんで盆栽を購入した際に、肥料をいただいたことを思い出し、盆栽道具を漁ったらありました。
上記写真の「グリーンキング」という肥料です。

ミニ盆栽肥料にぴったり! グリーンキングのメリット

①小さな粒状ペレットでなきやすく、目立たない!

②ナメクジ等が発生しないため、スズメ等の被害も受けないそう!
(実がなっていたらハラハラするけれど、基本スズメは歓迎派。)

③臭くないから室内でも安心して楽しめる!

④根に活力、葉の色が良くなる!

⑤他の肥料に比べて少ない量で済む!
盆栽5号鉢(15cm) 3~5gだそう。

あの盆栽屋さん、こんな万能な肥料をくれていたのかと感動しました。(遅い)
7月初旬に撒いてみましたが、葉のどんどん増え、枝はぐんぐん上に伸び、元気いっぱいという
感じでした。
効果が期待できる60日間が経ったので、9月中にもう一度撒きます。
撒いたら画像アップします。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*