ケイトウの盆栽 昭和記念公園 盆栽苑


2015年10月12日(月) 祝日:体育の日 昭和記念公園へ。
コスモス畑がお目当てか、いつになく混雑していた。

賑わいをみせるコスモス畑を横目に、盆栽苑へ。
今回もまた立派な盆栽に感動し、多くのシャッターを切ったわけだが、
当記事では花盛りで数多く展示してあった『ケイトウ』の盆栽にスポットをあててみようと思う。

▼『ケイトウ』の盆栽

 

ケイトウ①

 

『ケイトウ』ってどんなお花?

 

『ケイトウ』ナデシコ目のヒユ科 一年草
開花時期は、約7月から10月。
稲穂のような形で咲く花穂(かすい)ができ、花穂の色はピンク・赤・オレンジ・黄色・紫が多くみられる。

ケイトウ②

盆栽苑に展示してあったケイトウの盆栽、全て『濃い赤で紫よりのピンク』 マジェンタだった。

ケイトウ③

 

▼Google画像検索『ケイトウ』

Google画像検索『ケイトウ』

あれ?
なんだか展示されているケイトウと違う。盆栽苑のケイトウは下葉を取っているのかな。
ケイトウにも様々な品種があるのだが、調べても当てはまる種類が見つからない。

ケイトウ④

花穂の形が槍のようなヤリケイトウ系ではなさそうだし、キャッスル系が近いかもしれない。次回、盆栽苑に行った際、盆栽職人さんに聞いてみたい。

ケイトウ⑤

鉢の形、種の量で盆栽の雰囲気もがらりと変わるのがおもしろい。

ケイトウ⑥

これらのケイトウの茎は赤いが、黄色の花穂の茎は黄色らしい。他の色のケイトウの茎も観察してみたい。
ずっと見ていると、ムーミンのニョロニョロを連想する。

ケイトウ⑦

ケイトウは鉢の大きさに順応らしい。小さい鉢に種を撒けば、小さいケイトウに育つ。
下記のようなマメ盆栽も本当に可愛い。春になったら、小さな鉢に種を撒いてみようかな。

ケイトウ⑧

数えてみたら、昭和記念公園の盆栽苑には2015年10月12日現在、8鉢のケイトウの盆栽が展示されていた。
ひとつの種類をピックアップしてみるのもおもしろいから、シリーズ化したい。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*