毎年5月の第2土曜日は
「盆栽の日」


大宮盆栽村へ行きました。今回盆栽村を訪れた大きな理由は、大宮盆栽美術館の企画展示『ウキヨエ盆栽園』を絶対にみておきたかったからなのですが、思わぬイベントに参加できることになりました。
なんと毎年5月の第2土曜日は世界盆栽友好連盟によって定められた記念日「盆栽の日」だそうで、日本盆栽協会理事長の竹山先生と学芸員の方のギャラリートークが行われていたのです。竹山先生の貴重なお話と学芸員の方の丁寧な解説を聞きながら、盆栽や水石をみることができました。盆栽の手入れだけでなく、「盆栽」と「添え」の大切な関係性や空間づくりのお話は、ここでしか感じ取れない、出会えないとても貴重な時間となりました。

美術館入口に展示されていたこちらの盆栽は撮影OKだったので載せます。「盆栽の日」記念盆栽展の特別展示 昨年亡くなられた日本盆栽協会前副会長 成果盆栽友好連盟名誉会長 岩崎大藏氏を偲んで遺愛の五葉松(瑞祥)が展示されておりました。この五葉松の前にはこんなことが記されていました。<br>『96歳で世界各国で開催される盆栽イベントに参加し、世界中の盆栽愛好家から最も親しみと尊敬を集めた日本の盆栽愛好家でした』

カッコイイです。こんな人生、いいな。

岩崎先生の盆栽をみれたこと、竹山先生のお話を聞けたこと、ひとつの道を極めた者のとてつもないオーラを感じ、感動した日でした。

企画展示『ウキヨエ盆栽園』についてはまた次回に書きます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*