苔の宝庫~鎌倉~① 円覚寺


6月16日(土)会社の女子3人で、紫陽花を見に鎌倉へ行ってきました。

6月中旬の鎌倉は、長谷寺や成就院など境内にしっとりと咲く紫陽花の名所目当てに多くの人が訪れます。当日は生憎の天気でしたので人足も疎らであろうと思っていたら、甘かったです。
紫陽花スポットで混雑が予想される江ノ電極楽寺駅や長谷駅を避け、北鎌倉駅で下車しましたがホームから出るのに時間がかかるくらい人が多かったので驚きました。私は行かなかったのですが、北鎌倉から徒歩10分のところにある明月院の紫陽花を見に行く人が多かったのかもしれません。

私達は、北鎌倉駅近くの円覚寺へ向かいました。
人も少なく落ち着いた雰囲気で、きれいな紫陽花も咲いていました。

梅雨入りを喜んでいる苔(コケ)が雨露でつやつやしていて、うちの盆栽に生えている乾燥した苔がかわいそうになりました。苔好きにはたまらない苔の宝庫である鎌倉を、苔を中心に書いて行こうと思います。
画像でアップになっているこけは、日本最大のスギゴケといわれる『セイタカスギゴケ』だと思われます。たぶん。
きれいだなー。なんでこんなに茂って元気なのでしょう。境内のひっそりじめっと感だけで、こんなに元気なコケが生えるのかなぁー。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*