生きてるうちにやっておきたいこと④
~10年日記~


久しぶりの「生きているうちにやっておきたいこと」シリーズ。

今回、生きているうちにやっておきたいことは「10年日記」。
20代前半に5年日記をはじめていて、10日くらいでつけなくなっていた。
やっぱりね。継続できないタイプなのだ。裏切らないね、自分。

今回、再び10年日記をつけたいと思った理由のひとつは、掃除中、その10日くらいで挫折した5年日記を見つけて読み返した時、ある種の感動を覚えたから。
5年日記なので、一日分のかけるスペースが7行くらいと少なく、書いてあることもすごく実のない話でなわけで。。。
でもすっかり忘れていた20代前半の私の生活がここにあって、10日の記録だけどリアルで生きていた証みたいなものが手の中にある感じがとてもよかった。
そこに書かれていた行動パターンも、昔の自分とちっとも変ってない部分があったりして、おもしろい。「銀座アスターの春巻きが大好き」とか。
よい解釈をすると「ぶれない自分」みたいな。

過去にアメブロで日記を書いていたこともあるが、あちらを読み返しても味気ない。。。
画像があって見た目の記録は鮮やかでリアルなのに、5年日記の衝撃みたいなものがない。
誰かに見られている日記、誰かに見てもらいたい日記だからだろうか。

10年日記なら、書ける行は2~3行だろう。
ここで、どれだけその一日をうまく凝縮して表現できるか、少ない文で10年後の自分にその日を伝える、文章を組み立てる訓練にもなりそうだ。満月の日、毎年気づかぬうちに同じ行動をしていることとか、発見できたらいいなー。

10年日記を継続させるためには、まずモチベーションが上がるおしゃれな10年日記探しからだ。
以前の5年日記は、デザイン文具midoriのウェイオブライフに記録していた。重厚な装丁がお気に入り。

今回の10年日記もmidoriにしようかな。
辞書みたいな10年連用 扉 紺とか!

購入したら追記しよう。

⇒6月29日購入しました!
生きてるうちにやっておきたいこと④
~追記~おすすめ!ミドリ 5年日記を購入

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*