生きてるうちにやっておきたいこと②
~盆栽鉢を作る~


盆栽が好きになってから、盆栽「鉢」について考えることが増えた。

盆栽を趣味にするとお金がかかる。
樹齢、状態、枝ぶり、盆栽職人など、こだわればこだわるほどお金がかかる。
逆に上記にこだわらず、苗木からはじめれば本当に少額ではじめられる。

私は後者で、安い苗木を購入し育てている。
もちろん、安価なミニ盆栽をを購入する際も枝振りや健康状態を
真剣に見て選ぶ。
大抵、苗木など安価な木は、素焼きの茶色い植木鉢に植えられて販売されていたりする。

素焼きの植木鉢では味気ないので、自分の好きな鉢を購入し、植え替えたい。

しかし、その衝動に反して、植え替えに最適な季節でなかったりする。
しばらく素焼きの植木鉢で我慢して育てることになる。

盆栽鉢の通販や、盆栽村の藤樹園さんにて鉢は購入できるのだが、
自分で好きな鉢を作りたいと思っている。

実は、以前少し陶芸をかじっていたこともあって
純粋に土に触れたい、ロクロをまわしたいという気持ちもあるのだ。

自分の作った鉢に植え替えたら、愛おしさが増すだろう。

盆栽鉢は奥が深く、松柏類には「泥もの」と言われる種類の鉢で育てるとか、
この鉢にこの樹木は邪道だ。。。みたいなルールがある。

私は自分がかわいいと思っていればどんな鉢に植えて楽しんでもいいと思っている派だが、
基礎は知った上で外したい気持ちがある。

鉢ついて学び、陶芸教室に行って自分で作った鉢に愛しの姫りんごを植え替えたい。
そしてお部屋に飾り、それを眺めながらおいしいお茶を飲みたい。

盆栽と陶芸なんて。歳を取ってからの趣味にも最適だなぁ。。

生きているうちにやっておきたいこと。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*