苔写真.3 ~北鎌倉の路地裏~お稲荷さんの石灯籠


今週のコケは、北鎌倉の路地裏にあるお稲荷さんにひっそりと佇んでいた石灯籠の上で生きているコケです。
苔は、神社・仏閣に生息しやすいというけれど、スライム型の宝珠に生えたコケは何とも趣きがあり、歴史を感じずにはいられません。
最近、だんだん自分が好きな苔の生息スタイルが分かってきました。
どうやら、丸みがあるところに生えるコケ・丸く集結しているコケが好きみたい。
でも苔玉のように人工的な形成で丸いのではなくて、一生懸命生きてたら丸くなちゃってた!みたいなやつ。

石灯籠のコケをよく見ると、日当たりが良い側面のコケは剥がれ落ち、コケも乾燥しています。
常に日陰であろう側面に生えたコケは、イキイキした緑色。ジメジメ大好きねー。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*