苔が好きになる本
コケはともだち


お誕生日に親友がプレゼントしてくれた本です。

コケはともだち
著:藤井久子
監修:秋山弘之

もともと、盆栽好きが高じてコケも結構好きでしたが、こんなにも深い世界なのかと気づかせてくれた一冊になりました。
とにかく、コケキャラ図鑑、永井ひでゆきさんのイラストがかわいい!

まず、コケが「蘚類」「苔類(たいるい)」「ツノゴケ類」3つのグループに分けられることも知りませんでした。
コケのアップ写真のおかげで最近は散歩時に出会うコケの名前も推測できるようになりました。

コケ探しの旅「コケトリップ」のコーナーにも刺激を受けました。
この前の鎌倉旅行も、この本に感化され、紫陽花ではなくコケばかりを追い求める旅となりました。

コケを見るためのルーペ買います。

うちの姫リンゴに植えたコケが干からびているのでなんとかします。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*