長寿梅の盆栽を結実させてみよう その①


四季咲き性で年間何回も花を楽しめる長寿梅の花ですが、7月に咲いていた赤い花も散り、8月末現在青い実を2つ付けています。
fruit_of_longevity_plum_mini
前回の記事、【6月に長寿梅の花が咲く!「四季咲き性」とは?】に記載したのですが、長寿梅の場合、結実してしまうと木に大きな負担をかけてしまうので、花がらとともに摘み取ったほうがいいそうです。

木が弱るのはいやです!
でも、小さな青い実はどこまで大きくなるのか、好奇心が膨らみます。

木の様子を見ながら、2つ並んだ実を育てることにしました。

8月、どんどん実は膨らみますが、私が想像しているような梅の実のようなまんまるさはなく、長細い実に成長しています。

これから丸くなるのか、長寿梅の実は長細いのか。

「長寿梅 実」でGoogle画像検索すると。。。
丸い!丸く生っている!かわいい。
実を落とさずに、尚且つ木を弱らせないように肥料を与えながら、「長寿梅の結実」レポート続けます!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*