ショック!
楓の盆栽が枯れてしまった…


私の楓の盆栽が枯れてしまった。しょぼん。
ベランダの照り返しで葉が枯れてしまった時、根まで枯れたか心配していたのだが、2週間後には元気な葉がぐんぐん出てきていたので安心していた。
暑い夏の激しい日差しを避けるために室内へ入れ、水が途切れぬよう世話していたが、再び、葉がしわしわになった。
またそのうち、葉が出てくれるだろうと思い、葉の全てが枯れた後も、水やりは欠かさなかったが新たな葉が出ない。

原因のひとつとして、砂利質の土が考えられる。
小さな鉢の中で、絶えず水分を欲しがっていた楓には砂利質の土は水はけが良すぎてしまったのかもしれない。

根までがカリカリで乾燥し、ポキポキ折れるようなら、完全に再生不可能だが、毎日水やりしていたせいか、幸運にも根は潤いを保ち、生きていた。
こういう時の再生方法のひとつ、地植えにシフトする。
地植えのメリットは、根張りがよくなり、水枯れが少ないこと。
庭に穴を掘り、鉢から移植したっぷりの水を与えた。
新芽が出てくれるといいのだが。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*