帰省土産に悩んだら
渋谷ヒカリエ限定和菓子 松濤まんじゅう


所要で月に一度くらい、渋谷に行く。
久しぶりに東京に来ると「せっかく渋谷に来たのだから、素敵な東京土産を購入したい。」って思うのだけど、いつも何を買ったらいいか分からないし悩む。
観光旅行の際は、事前にその土地の名産品や銘菓を調べて後悔のないお土産探しの準備は万全にするタイプ。でも埼玉県民が東京に行くくらいではなかなかそこまで調べない。

渋谷ヒカリエShinQs B2Fのスイーツ(和菓子)フロアをウロウロ。
今話題の美味しいお菓子があるショップには、大抵たくさんの人が群がっていると思っているので、賑わいをみせているブースをチェック。
行列はできていないものの、ある和菓子屋さんの前に人だかりが。

銀座 松濤
宗家 源吉兆庵が手掛ける和菓子屋さん
店内で作られているという渋谷ヒカリエShinQs限定の『松濤まんじゅう』が人気のようだ。
『松濤まんじゅう』の第一印象「(厚さが)薄いまんじゅうだなー(量が)足りなそうだなー」と。(すみません)
見た目は平たく子ぶりな黒糖まんじゅう。
この群衆は、このシンプルなまんじゅうのどこに魅了されて購入しているんだろうと考えたら、めちゃくちゃ食べてみたくなった。
ヒカリエ限定という謳い文句もあいまって、購入。
ひとつ70円(税抜)とリーズナブルなので、第一印象で感じた物足りなさは個数でカバーしたらいいと思った。
syoutomanjyu1
パッケージは簡易的。乾燥を防ぐためか、ひとつひとつ簡単に包まれている。

もっちもちで美味!

ポチッと手亡豆(てぼうまめ)がかわいい。
一般的な温泉まんじゅうや黒糖まんじゅうとは異なり、沖縄波照間産の黒糖を使った生地がもちもちした食感。
中のこし餡も黒糖生地を邪魔しない、上品なお味。

この平たいフォルム・サイズ・餡の絶妙なバランスが感動のおいしさを生み出している、よく考えられて作られているおまんじゅうだなーと。
松濤まんじゅうに職人さんの緻密さ、クリエイティブをみた。

syoutomanjyu2

GW帰省時の東京土産にぴったりではないか。渋谷ヒカリエ限定って部分で東京の特別感が出るし、小さなまんじゅうはご高齢の方にも馴染みやすい。
賞味期限は2日、もちもちしっとり感を楽しんでほしいから、早めに食べることをおすすめしたい。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*