葉の中央がオレンジ色の植物
猩猩草(ショウジョウソウ)


最近、近所に散歩していると葉の中央がオレンジ色でお花が咲いているかのような植物をよく見かけるようになった。
ずっと名前が分からなくて気になるので写真を撮っておき、調べた。

中央アメリカやハワイなど、暖かい国に自生する多年草でトウダイグサ科の『猩猩草』(ショウジョウソウ)というらしい。
クリスマスシーズンに大活躍の『ポインセチア』もトウダイグサ科だ。ポインセチアも赤いのは花ではなくて葉が赤い。
同じトウダイグサ科だということにすごく納得できた。

私が写真を撮影したのが8月、9月には中央に見える黄色い花がつくらしいが、花粉のように小さく目立たないらしい。
完全にオレンジの葉を観賞し、楽しむようだ。

茎や葉を傷つけると、白色の乳汁が出て、皮膚被れの原因になるらしいので、気をつけたい。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*