アボカドの種を埋めたらどうなるか


アボカドをカットした時、やっぱり気になるのがごろんと大きな種。

2010年の春に玄関先に埋めてみたら、すくすく育ちました。

南国の植物という印象が強いので、2010年の冬は寒さや雪から守る為、ビニールで覆い、 簡単な「冬囲い」を行いました。

写真は、2011年10月のアボカドの様子です。

いくつもの実が成っても、しっかりと支えることができるであろう太い茎が頼もしい!

熱帯植物は、「葉が長細い」という、私の中の勝手な法則が当てはまりました。

いつか実をつけて食べられる時が来たら楽しいだろう。

↓ こんな風に・・・

 

 

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*